Fri >アニメーション >ムービーメーカー

フォトストーリーは、写真に動きを付けてフォトムービーを作成することができます。写真だけでなく、ビデオ素材も取り込めるソフトが、ムービーメーカーです。ここでは、Windows Essentials 2012にある「ムービーメーカー」を紹介します。

ムービーメーカーは、Microsoftサイトから「Windows Essentials」として無料ダウンロードできます。フォトギャラリー、ムービーメーカー、Windows Live Writer、Windows Liveメール、OneDrive、サポートなどが含まれる一括ダウンロードですが、インストール時に選択が可能です。インストール可能OSは、Windows 7 と Windows 8.1、Windows 10 です。

ムービーメーカーの起動

  1. では、ムービーメーカーを立ち上げてみましょう。

    写真、ビデオ、音楽などの素材を取り込むには、ストーリーボード上にドラッグするか、「ホーム」タブの追加グループにある「ビデオおよび写真の追加」、「音楽の追加」をクリックします。

  2. リボンには、「ファイル」メニュー、「ホーム」タブ、「アニメーション」タブ、「視覚効果」タブ、「プロジェクト」タブ、「表示」タブがあります。これ以外に必要な時に「コンテキストタブ」が表れます。

    「アニメーション」タブでは、写真の場合「切り替え効果」と、「移動および拡大」が変更できます。ビデオの場合は、「切り替え効果」のみ変更できます。
    「視覚効果」タブの「特殊効果」は、写真やビデオの素材に影響を与えるシネマティック、モーションとフェード効果等があります。古い写真のようなセピア色にも変更できます。
    「プロジェクト」タブの縦横比は、標準(4:3)とワイドスクリーン(16:9)の切り替えができます。写真の大きさは問いませんが、縦横比は4:3に揃えておくと、余分なブラックバーが表示されません。ワイドスクリーンで作成する際は、写真やビデオ素材も 16:9で作成します。

  3. プレビューモニターの再生ボタンを押すと、編集処理中はいつでもプレビューが可能です。再生ボタンの左右のボタンでフレームを1コマ毎に移動できます(ムービーは、1秒間で30フレームになります)ストーリーボードに取り込まれた写真の既定の再生時間は、7秒です。

▲ページの先頭へ

ムービーの作成

素材毎に、ムービーを作成する上で変更できるパラメーターをまとめました。

  1. 写真

    ストーリーボード上の写真を選択すると、コンテキストタブである「ビデオツールの編集」タブが表れます。写真の再生時間は、調整グループの再生時間で設定します。ストーリーボード上で複数の写真が選択されていると、選択された写真の再生時間を一度に変更することができます。複数選択は、ShiftもしくはCTRLを押しながら写真をクリックします。

  2. 写真やビデオ間の切り替えは、アニメーションタブの切り替え効果グループで行います。この再生時間は切り替えに要する時間で、切り替え効果としては「クロスフェード」がよく利用されます。
  3. アニメーションタブの「移動および拡大」グループでは、写真のパン(カメラを水平方向や垂直方向に動かせる)や、ズーム(被写体を拡大したり縮小したり)等の動作を与えます。

    パンやズームを任意に設定したい場合は、PhotoStory3でその部分だけをムービーにしてムービーメーカーに取り込みます。その際あとで再生時間を変更できないので、PhotoStory3で希望する再生時間にしておきます。

  4. ビデオ

    ストーリーボード上のビデオを選択すると、写真と同様のコンテキストタブである「ビデオツールの編集」タブが表れます。ビデオの場合は「調整」グループの再生時間以外が変更できるようになります。「編集」グループの「分割」や「トリムツール」で、1つのビデオを任意の箇所だけ書き出すことができます。「トリムツール」は、取り込んだビデオの何秒から何秒までを再生するか…というビデオのトリミングができます。「トリムツール」をクリックすると、新たな「トリム」タブが表れ、その選択したビデオの時間軸になります。(ここで分割やトリムを行っても、ストーリーボードに読み込んだ元データであるビデオ素材は、影響されません)

  5. 音楽

    音楽を組み込むと、コンテキストタブである「音楽ツールのオプション」タブが表れます。フェードインやフェードアウトは、出だしの音が徐々に大きくなる(フェードイン)、終わりの音が徐々に小さくなる(フェードアウト)効果を与えます。「分割」はビデオ同様、1つのオーディオ素材を2つに分割します。開始時間は、ムービーのどの位置で選択した音楽をスタートさせるか…というムービー上の時間を指定します。(0.00秒だと、ムービー開始と同時に音楽もスタートします)。開始位置と停止位置は、取り込んだ音楽素材のどこを再生するかの設定です。

  6. テキスト

    ホームタブの「追加」グループにある「タイトル」「キャプション」「クレジット」を選択して、テキストを入力します。タイトルはムービーのはじめに、クレジットはムービーの最後に、それぞれ黒の背景色で、プレビューモニター内にテキストを入力します。写真やビデオにテキストを重ねる場合は、キャプションを選択します。
    ストーリーボードにテキストが挿入された箇所を選択すると、コンテキストタブである「テキストツールのフォーマット」タブが表れます。「調整」グループの開始時間は、ムービー上の時間軸で何秒の位置から表示をはじめるかを設定します。テキストの表示時間は、開始時間から何秒間表示するのかを設定します。「特殊効果」グループでは、テキストのスクロールなど…テキストに動的な効果を与えます。

▲ページの先頭へ

ムービーの書き出し

  1. 「ファイル」メニューの「ムービーの保存」をクリック、「ムービーの保存」を選択します。

    ムービーに書き出すと、拡張子が「mp4」のファイルが生成されます。一方プロジェクトを保存すると、拡張子が「wlmp」となります。 プロジェクトファイルは、ストーリーボードに表示される写真、ビデオ、テキスト、音楽、切り替え効果、特殊効果などの情報が含まれます。 元のビデオや、写真、音楽はプロジェクトへの関連付けだけですから、ムービーメーカーで編集しても変更されません。 ただしプロジェクトファイルを再編集する場合は、その関連付けが変わらないように注意しましょう。

▲ページの先頭へ